Hinata And Naruto

Everything About Computer Programming

Your best resources for Computer Programming

日向ヒナタ

NARUTO-ナルト- 疾風伝・日向ヒナタ

NARUTO-ナルト- 疾風伝・日向ヒナタ

 

声 – 水樹奈々、演 – 高橋紗妃

本作のもう一人のヒロイン。紅班の紅一点。日向一族宗家当主・ヒアシの嫡子のくノ一。13→17歳。身長148→160→163cm。体重38→47.3kg。

一族に伝わる血継限界・白眼と、それを応用した体術・柔拳の使い手である。ネジは1歳上の従兄で、彼のことを「ネジ兄さん」と呼び本当の兄のように慕っている。

内気で引っ込み思案だが、礼儀正しく心優しい性格(ネジとヒアシからは優しすぎると評されるほど)。妹は同じく日向一族宗家の日向ハナビ。
幼少期からナルトに好意を持っており、自らの信念もまたナルトの強い影響を受けており、“まっすぐ自分の言葉は曲げない”ことを忍道としている。幼少期からよくナルトを物陰から見つめ、彼の顔を見ると頬を赤らめ指をツンツンさせる癖があり、正面から見ると顔を真っ赤にして気絶してしまう。しかし、ペイン戦以降はそのような描写は減少し、「見つめるだけでなく並んで歩きたい」と思うようになり、以後は積極的に彼に接している。彼女がナルトに好意を持っていることは同級生達からはほぼ周知されている(アニメではシノに指摘されるまで周りには気づかれていないと思っていた)。

幼少期及び第一部では刈り込んだ青紫色のショートヘアーだったが、第二部からは髪を腰近くまで伸ばしている。ファッションなどの流行には疎く、普段は地味な服装を好む上、自身の体型に自信を持てずにいる為目立たないが、第二部からはスタイル抜群に成長しており、劇場版『ROAD TO NINJA -NARUTO THE MOVIE-』及び関連するメディアミックスではそれを強調されて、特に胸の発育は小説版『サクラ秘伝』でも指摘しており、サクラからは羨ましがられている。また「ナルトナルティメットストームレボリューション」に登場するメカナルトからも一目惚れされている。アニメでは料理も上手であり、おまけコーナーではナルトに弁当やバレンタインチョコを作ったりしている。また、意外と大食いである一面も覗かせている。劇場版『THE LAST』や「ナルトナルティメットストームレボリューション」ではマフラーやぬいぐるみを作っていることから裁縫も上手であることが伺える。

生来の優しい気質に加えて幼少期から人見知りで引っ込み思案な傾向があったこと、忍としての資質が妹のハナビより劣っていたこともあって父のヒアシに後継者の素質なしとみなされて見捨てられていたため、諦めがちで消極的な性格を形成していった。また、幼少期に雲隠れの里の忍に白眼を狙われて誘拐された結果、叔父のヒザシが命を落とす原因になったがために幼少の頃からネジに恨まれてもいた。このような状況から、家族が健在ながらも非常に孤独な身であったが、忍者学校時代から明るく真っ直ぐで努力家のナルトを見たことで、次第に憧れと好意を抱いていく。また、第二部からは芯の強い一面を見せるようになり、ペイン戦以降はナルトも彼女を意識するようになる。イルカやヒルゼンとともに幼少期のナルトの身を案じていた数少ない人物である。

第一部では下忍、ナルトの修行中に中忍となる。中忍試験のペーパーテストでは隣の席であったナルトにカンニングの提案をする。第三試験の予選ではさまざまな形で因縁のあるネジと対戦することになり、彼によって心理的に追い詰められて戦意をなくしつつあったが、ナルトの叱咤を受けて奮起。実力差もあり重傷を負わされて敗北しながらも、自ら忍道を貫くべく奮闘した。ナルトからは当時「暗くて変なヤツ」と思われていたが、中忍試験を機会に好感を持たれた。その後ネジとヒアシが和解したことをきっかけにネジと和解し、ヒアシとも打ち解けるようになっていった。妹・ハナビとの仲は原作では詳しく明かされていないが、アニメでは映画公開記念スペシャルでのハナビ視点でのストーリーにて詳しく描写されている。幼少期からハナビを可愛がり、彼女に憧れられており、一時期は後継者の問題で彼女との仲もギクシャクしていたが、ペイン戦以降はハナビとの仲も修復した。ナルトが自来也と共に修行の旅に出る際には、物陰に隠れてはいるが同期の中で唯一見送っている。
第二部では、ナルト達と共にサスケの捜索任務につき、白眼でカブトが大蛇丸の細胞に全身を取り込まれつつあったのを感知している。ペイン襲撃時にはナルトに長年の想いを告白しペインに挑み(アニメではペインからの攻撃を受けても何度も立ち上がり、一撃を喰らわせた)、重傷を負ってガイ班に救助される。ペイン戦終結後は同期生達と話し合い、サスケの始末に同意した。

第四次忍界大戦では第2部隊に配属され、10万体のゼツと交戦。自分がナルトに守られてばかりだと気に病んでいたが、ナルト本人から「強い」と認められる。十尾復活の際にナルトの下へ駆けつけ、自分達を庇ったネジの死に動揺するナルトの頬を叩いて諭し正気に戻させた。サスケが先代火影たちを連れ参戦してからは、生前のネジのアドバイスを思い出しつつ「八卦六十四掌」を体得、他の同期メンバーと共に十尾の分裂体と戦い、十尾の人柱力になったオビトと対峙した際にはナルトが発動した「螺旋丸」でオビトの盾を砕き勝利に貢献した。「無限月読」の幻術世界に引き込まれた際には「ナルトとデートをしている世界(その陰にはネジやハナビもいる)」を見せられていた。

第四次忍界大戦を終えてから2年後、劇場版『THE LAST』にて最終的に長年の想いが実り、ナルトと交際を経て結婚。息子のボルトと娘のヒマワリをもうけ、二児の母親となる。最終話では、ヒマワリと共にネジの墓参りに訪れていた。

アニメオリジナルストーリーでは「守護八卦六十四掌」という術を修得している。この術は後に彼女の十八番となり、ナルティメットシリーズでも使用されている。第一部の任務ではナルト・キバとのスリーマンセルで行動することが多く、ナルトをサポートすることが多々見られる。他の同級生キャラの中でも比較的出番が多く、重要人物と共に描かれることもある。エンディングテーマ「自転車」では単独のイメージキャラクターを飾った(アニメのおまけコーナーでもこの話題を指摘された)。劇場版『THE LAST』でも、メインヒロインに抜擢されている。

『THE LAST』の上映を記念したインタビューでは作者自身が「いろんなところでサクラのことを必死で描いているのに、なぜかヒナタばかりに票が集まる」とコメントしており「話が進み、キャラクターに厚みが出てくれば更にいろんなことが複雑に絡み合って、素直に動いてくれない」と作中の多くのキャラクターが予想だにしない働きを見せると思いの丈を明かしている。

 

ソースはこちらから: NARUTO -ナルト-の登場人物 – Wikipedia

Facebookコメントプラグイン

コメントがこの投稿ページにあった…!

The Author

admin

Tinggalkan Balasan

Alamat surel Anda tidak akan dipublikasikan. Ruas yang wajib ditandai *

Anda dapat menggunakan tag dan atribut HTML: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Everything About Computer Programming © 2015 Frontier Theme