Hinata And Naruto

Everything About Computer Programming

Your best resources for Computer Programming

うずまきナルト

NARUTO-ナルト-・うずまきナルト

NARUTO-ナルト-・うずまきナルト

 

まっすぐ自分の言葉は曲げねぇ…

それがオレの忍道だ

忍者登録番号:012607
誕生日:10月10日(てんびん座)
身長:166.0cm
体重:50.9kg
血液型:B型

アカデミー卒業:12歳
中忍昇格:―歳
(秘伝・者の書より引用)

CV.竹内順子

その名の通り『NARUTO‐ナルト‐』の主人公。
その身に尾獣の一体、かつて木ノ葉隠れの里を襲った九尾の妖狐を封印された人柱力。

九尾を恐れる里の大人達からは忌み嫌われ、三代目火影が九尾事件についての箝口令を敷いていたものの、大人達のナルトに対する態度が子供達にも波及してしまい、同年代の子供達の一部からも蔑まれながら育つという過酷な幼少期を過ごす。
本来英雄である火影の息子なのでそれも緩和される可能性があったが *1 、三代目火影が、他里に血筋が露呈すれば一層ナルトが脅威に晒されると危惧したため公表しなかった。

そして気を引くためとはいえ、歴代火影の顔岩に落書きするなどの様々な悪戯がナルトの冷遇ぶりに拍車をかけた *2

ペイン篇途中のエビスの回想にて徐々に里の人々がナルトを認めていく過程が描かれており、
それによるとサスケが里を抜けた時点で既に「落ち込んでなきゃいいが」とまで心配する人々までいた模様。
ペインを倒したことで英雄とまで認められている。

◆能力

方のうずまき一族の特徴として、非常に強い生命力と九尾のチャクラに負けない程のチャクラ量と質を持つ。
第二部中盤の性質変化の修行を開始した時点でも、ナルト自身の普段のチャクラ量だけでもはたけカカシの4倍。九尾の封印のために抑えている分も動員すればカカシの約100倍という膨大さ。
四代目火影が漏れ出す九尾チャクラをナルトのチャクラに還元出来るように封印式を組んでいるため、九尾と協力してチャクラを練っていけばチャクラ量は更に上がる。

一方で、この封印によって体内のチャクラの流れが乱されているため、チャクラコントロールが非常に苦手で術の効率が悪かった。
封印の自覚が無くこの状態に適応し切れていない幼少期に万年ドベの無能状態だった要因でもある。
特に大蛇丸のせいで封印式が弄られた時はなおさら酷くなっていた。

元々の素質自体は、上記の封印式が弄られて術がまともに使えなくなった状態でも多重影分身を十人以上出してのける他、優秀な者でもすぐに修得するのは難しい水面歩行の行も割とあっさり出来るようになるなど、かなり高い方ではある。

しかし記憶力だけは素で悪いので、複雑な印を覚えることや勉強(ペーパーテスト)は大の苦手である *3
その辺が重なったのかアカデミーでの成績は最下位だった。
しかし柔軟な発想力を持っており、実戦では敵の裏をかいた行動を見せることもしばしば。

『秘伝・者の書』のパラメーターでは賢さのパラメーターが体術とともに『闘の書』時点から1.5も上昇している。
ただし、その割には相変わらず「螺旋丸!!」「多重影分身の術!!」ばかり使うあたり、変わっていない。
一応、雷光剣化を作中では使い、劇場版に至ってはAランク忍術の迷彩隠れの術を披露したこともある。

第一部では開始直後に物語を通してナルトの主力忍術となる影分身の術を修得。
自来也と出会ってからは口寄せの術、螺旋丸を伝授される。
更に第二部開始前の空白期に行われた自来也との修行で、手裏剣術や幻術破りといった基礎を固めた他、
得意とする影分身の応用にも更に磨きをかけた。

それに加え、カカシからチャクラの性質変化を学び、風のチャクラ性質を修得。
ナルトの持ち味である思考の柔軟さを活かす事で、開発者の四代目火影ですらなし得なかった螺旋丸に性質変化を組み込んだ
「風遁・螺旋手裏剣」を編み出す。

さらには妙木山での修行を経て、膨大なチャクラ量の持ち主であることという条件 *4 を満たしていたとはいえ、
僅か数日で自来也も為し得なかった完璧な仙人モードを会得し、雲隠れの修行で九尾のチャクラのコントロールに成功する。

九尾のチャクラをコントロールしたことにより黄色い閃光と呼ばれた四代目火影に匹敵するスピードと、
人の悪意を感じ取る従来のどの忍にも当てはまらない感知能力を得た。

この時点で、もはや上忍クラスを越えた下忍である。

第二部終盤では、九尾や尾獣達と和解し友人となったことで、完璧な人柱力を超えて、六道仙人の体・仙術を納めた。
その実力は同じく真の輪廻眼を会得したサスケに並び、彼と組めば六道仙人の域に近づきつつあるうちはマダラとも渡り合える程。
死闘の末に片腕を失って義手を装着することになるが、この義手が完成する前から、サスケ同様片手で印を結んで術を発動出来るように試行錯誤しており、ナルトも片手で多重影分身を発動して任務に当たっていた。

劇場版「The Last」では、桁違いに基礎能力が上がっている。
まず、木の葉の里随一の体術の使い手、日向ヒアシでも手に負えなかったほどの傀儡の群を一人で軽く蹴散らしてのける程の体術を会得。

様々な螺旋丸を瞬時に練り上げるだけでなく、かつては数発しか撃てなかった螺旋手裏剣を通常状態で連発出来る上に遠隔操作すらこなす。
戦闘をこなしながら構えすらせず極自然に仙人モードに移行出来、チャクラコントロールの精度は以前とは次元が違う。

更には、立派な柔拳使いに成長した日向ヒナタが求道玉のようなものを埋め込む特殊な幻術で洗脳されても、その攻撃をいなしながら陰陽遁であっさりと解除したり。
影分身に頼らず相棒となったクラマを具現化されて口寄せのように戦って貰う、といった器用さも身に着けた。

螺旋丸系と影分身以外の忍術に乏しいナルトだが、それは自来也の教育方針による物と思われる。
自来也はナルトを指導する際、「チャクラ量の多いお前は小手先よりパワーだ」と言い、下手に術を増やすより大技をいくつか覚えてそれをぶっ放し続けるよう薦めていた。
実際ナルトの使う忍術は少ないが、多種多様で威力が高い上に応用も利く螺旋丸、誰も真似できないほどの多重影分身、大型のガマを呼び出す口寄せに仙術、さらには尾獣のチャクラまで持ち合わせており、威力は他の忍者のそれと比較にならない。
それを戦い終わるまで延々と使い続けられたら相手としてはたまったもんじゃないだろう。
つまりナルトは投手で言えば剛速球を投げ続けるタイプであり、下手な変化を加えるよりも一つの技術を研鑽し続ける事で真価を発揮する忍者だと言える。

◆来歴

  • 第一部

アカデミーでの成績は常に最下位であり、卒業試験にも三度落ちるなど忍としての才能は皆無と見られていた。
もっとも、卒業試験には決まってナルトが不得手とする分身の術が出題されていたという運の無さという点も大きいうえに、
後になってナルトの出生を知っていた三代目が、過度な期待から未熟な段階で無理に試験を受けさせていた事も判明したが。

しかし、卒業試験不合格直後にアカデミー教師のミズキに唆され、封印の書を盗み出し、その中に記されて影分身の術を修得。
ミズキを多重影分身の術で返り討ちにした後、イルカから額当てを手渡され、晴れてアカデミーを卒業する。

その後はうちはサスケ春野サクラと共にはたけカカシが率いる第七班に配属される。

カカシのサバイバル演習を無事クリアした後は、波の国での護衛任務、中忍試験、
木の葉崩しを通して忍者として精神的にも実力的にも大きく成長する。

しかし、その急激な成長はサスケの焦燥感を煽ることになってしまい、うちはイタチの帰郷が引き金となり、
二人の間には大きな溝が出来てしまう。

サスケ奪還任務では、必死にサスケを引き止めようとするも、力及ばずサスケは去ってしまう。

 

  • 第二部

二年半の自来也との修行を経て里に戻るなり、約三年ぶりとなるカカシとのサバイバル演習で修行の成果を遺憾なく発揮。
最終的には『イチャイチャタクティクス』のネタバレという奇策で、三年前には出来なかった鈴の奪取を成功させる。

その後は新生第七班として、風影奪還任務に向かい、砂隠れの相談役チヨという犠牲を出しながらも我愛羅を連れ戻す。

その際、サクラがサソリから得た情報を元に再びサスケ奪還に向かうも、圧倒的なまでの実力差に手も足も出ず、またしても逃走を許す。

力不足を痛感したナルトは新しい術を手に入れるべく、カカシとともに性質変化の修行を始める。
通常なら数年を要する性質変化の修行だが、カカシ考案の膨大なチャクラを持つナルトにのみ出来る影分身修行法により、わずか数日での性質変化を修得する。

性質変化の修得後、四代目火影ですらなし得なかった螺旋丸に性質変化を組み込むという難題に挑み、
ついには「風遁・螺旋手裏剣」を完成させ、の一人角都を葬る。

その後も師匠自来也の死という困難にも見舞われ、一度は完全に塞ぎ混んでしまうが、恩師であるイルカやシカマルの励ましで活力を取り戻し、
妙木山での仙術修行に挑む。
師である自来也以上の完璧な仙人化を会得すると同時に、ペインによる襲撃の一報を受けていた木の葉に舞い戻り、師の仇であるペインと交戦。

途中、日向ヒナタが自分を庇って倒れた事が引き金となり、長門に問われた憎しみの連鎖を止める方法が分からず、
九尾に「お前を苦しめるものを全て壊せ」と唆され、封印を自ら解いて完全九尾化しかけたが…

 

成長した息子に会えるのは少し楽しみでもあったから…

イーブンってとこかな

 

精神世界に実の父親である四代目火影こと波風ミナトが出現。

封印を再び組み直され、父親の自分を信じているという言葉により正気を取り戻し、ペインと戦闘を再開。
切り札である螺旋手裏剣を使い果たし、仙人モードも解け、もはやこれまでかと思われたが、

 

オレが諦めるのを――

諦めろ!!!!

師匠と父親から受け継いだ螺旋丸により、ついにペインを撃破。

このナルトVSペインの決着回の熱さはNARUTOでも屈指の物であり、読者からもベストバウトとして挙げられる。

そして、ペインの本体である兄弟子長門と対面を果たし、師の自来也と兄弟子長門が果たせなかった夢を自分が代わりに果たす事を誓い、長門と和解。
全てが終わり、木の葉の里に戻ると里の人々全員がナルトを里の英雄として出迎える。

里の奴ら全員にオレの存在を認めさせてやるんだ!!

幼い頃から宣言していたその夢を遂に実現させた瞬間である。
その後、サスケが暁に与したという知らせを聞き苦悩の日々を送り、ショックのあまり 過呼吸にまで陥るが、
サスケと再び拳を交え、サスケととことんまで向き合う決意を固める。

最終決戦となる忍界対戦が始まるに当たり、人柱力であるナルトは雲隠れの亀島に隠されることになるが、
その際に八尾の人柱力であるキラービーから尾獣をコントロールする手解きを受け、母クシナとの邂逅を経てついには九尾のコントロールに成功する。

その後違和感に気付き、キラービーと共についに島を飛び出して戦場に向かうが、途中四代目雷影エーの妨害を受ける。
しかし、ビーの説得とナルトの決意によって雷影の心をも変え、戦場に向かう。

力を得たことにより、自分一人で全てを抱え込もうとしてしまうが、復活したイタチに諭されたことにより、今一度仲間の大切さを再確認する。

そんな彼らの前に暁の真の首謀者であるうちはマダラを名乗る男トビが現れ、彼が使役する再生尾獣軍団と交戦を開始。
ビーとのタッグにより善戦する中、四尾である孫の精神世界での対話により協力を取り付け、ナルトはトビが仕掛けた尾獣全員の封印を解放し、
更には自身の尾獣である九尾・九喇嘛とも完全に和解。
現在は九喇嘛自身が協力的になった事で、尾獣化しても九尾のチャクラが暴走する危険性が無くなっている。

その後、十尾が復活し八尾と共に戦うも全く力が及ばず一旦八尾と九喇嘛がチャクラ切れを起こすも、駆けつけた忍連合軍と共に十尾に立ち向かう。
連合の連携によって十尾を抑えにかかるも、本部のシカク達、ネジ、更には連合の忍達と数多の死を看取ることになり、
絶望のあまり呆然としてしまうものの、ネジの遺志を守ろうとするヒナタの一喝、そして九喇嘛の叱責を受けて立ち直り、
九喇嘛のチャクラを連合の忍全員に与え再び反撃を開始。
健闘空しくまたもやピンチに陥ってしまうが、後から戦場にやってきた父・ミナトと、サスケと再会。
サクラを交え、第七班の再びの結成を果たし、十尾との戦いは新たな局面を迎える。

トビの正体であるオビトが十尾の人柱力となり、陰陽遁による忍術の無効化に苦しめられるも、
扉間との連携により仙術による攻撃は通用すると見抜く。
ついには九喇嘛モードと仙人モードを融合した新形態を披露し、ミナトとの合体技を繰り出すが、効果は無くオビトが神樹を発現させ、
再び襲いかかる絶望に彼は完全に心折れて泣き出してしまった。

だが、サスケの叱咤もあり気持ちを立て直し、サスケと共に再度オビトに挑む。
九喇嘛化した状態にサスケの完成体須佐能乎をまとわせオビトと一騎打ちをし、打ち勝つ。
そしてオビトから尾獣たちのチャクラを連合の忍たち全員と共に引き抜き勝利。
チャクラの引き合いの際にオビトと精神世界の中で対話し、彼に「うちはオビト」としての心を取り戻させ改心させた。
ワンパターンとか言ってはいけない

そして黒ゼツに操られたオビトの輪廻天生によって生身の肉体を取り戻し、
本来の輪廻眼の力を引き出せるようになったマダラに我愛羅や他の尾獣達と挑むものの圧倒され、
陽九喇嘛を抜かれて一度殺されかけるが、改心したオビトがマダラから奪った一尾と八尾のチャクラ、紆余曲折を経て渡された陰九喇嘛を手にし、
精神世界で六道仙人と語らう。

そして六道仙人の口からナルトと柱間は六道仙人の次男アシュラの生まれ変わりであること、
及びサスケとマダラは長男インドラの生まれ変わりであることが告げられる。
五影会談篇直後、ナルトがサスケの中にあると感じていたものの正体はインドラのチャクラだったのだ。

六道仙人との語らいの後、尾獣九体全ての力と六道仙術を会得。

以前の仙人九喇嘛モードでは歯が立たなかったマダラに対抗出来るスピードの他、片手でも螺旋手裏剣を出せるチャクラ制御能力と、
尾獣達が持つ血継限界を駆使した仙術を使いこなせるようになり、死門を開いたことにより死にかけているガイを蘇生した後、
ついに六道仙人へと近づきつつあるマダラに輪廻眼を得たサスケと共に最後の戦いを挑む。

  • 青年期

木の葉隠れ里はおろか忍界で一番とも目される忍になった。
その実力の程は先述の通り。

更に、大戦の英雄として、気付けば周囲にモテまくりになった。
収入も大幅に増えて豪邸住いの大金持ち……かと思いきや、むしろその真逆。
自分を慕うファンやら昔からの友人やら、その日出会った人々全員に、毎日のようにラーメンを奢りまくる浪費生活の所為で、結構金欠。
孤児として碌に友人も居ない時期や数年間のご老体との爛れかけた生k……修行の日々の影響からか、恋愛感情なるものに未だ疎かったナルトはそんな取り巻きのファンにも戸惑いがちだった。
しかし、大筒木トネリとの一騒動を経て、日向ヒナタが自分に向ける想いやそんなヒナタを心の底でどう意識していたかに改めて向き合い、ヒナタとの結婚を決意。

可愛い二人の子供、ボルトとヒマワリをもうけて念願を家族が出来た。

  • そして、七代目火影へ

里の皆に認められ、遂に七代目を襲名。襲名式では皆がナルトを讃えた。

※以降、最新映画及びその特典のネタバレになるので未見の人は注意!
が、ナルト本人は実は襲名式を欠席していた。
当日ナルトが子供達と出かけようとした時、度々起こる兄妹喧嘩によって妹ヒマワリの人形が破れ、ヒマワリは怒りから白眼を開眼。兄を軽々殴り飛ばし圧倒し始めた
開眼と同時に点穴を見切るに至ったヒマワリは、息子のボルトを庇い立ちふさがるナルトのもう一つの息子に潜む急止の点穴を的確に突き、娘相手に油断したナルトは、一指し指でtnk……もとい、点穴を打ち抜かれ、丸一日昏倒してしまった

  • BORUTO

人間の身長ばりに積み重なった書類の山々に囲まれながら、インタビューや見回り、息子の追跡等の里周辺の任務をこなす。
毎日同時に仕事をこなす為に無数の影分身で代用しているが、疲労が嵩み過ぎており、時として不意に影分身が解除されてしまう程に多忙を極める毎日を送っている。
今までの様に直情熱血根性路線を周囲にゴリ推す訳にもいかず、当人の努力を要さない新忍具の開発を許可する等、里の人命を守る為に清濁飲み込む度量もついてきたらしい。 家族に対して深い愛情をもってはいるが、数少ない接する機会は火影として接さざるを得ない火影室での対談に限られることと、大切なことを伝えようとして説教を優先してしまう影響で、息子のボルトは反発気味。
どう接して良いものか、父親として悩みを抱えている。 デスクワークに忙殺される毎日ながらも腕の衰えは左程無く(多少なりとも勘が鈍っているきらいはあるが)、
輪廻写輪眼に慣れて、各地で激戦を繰り広げつつ旅を続けるサスケの対等な好敵手として、ツートップを張っている。
チャクラモードの中でも腹部の紋様が一層黒くなる六道仙術の形態も発動出来るが、余りにも周辺の被害規模が大きくなるため使用しないようにしている。 中 忍試験会場に現れたモモシキとキンシキに九喇嘛を狙われ攻撃を仕掛けられる。規格外の大きさの尾獣玉を含む苛烈な攻撃から周囲を守るべく、尾獣化して全 チャクラでその攻撃を包んで受け止めることで被害規模を最小限に抑えたが、多大なダメージを受けたために時空間に拉致されてしまう。
その後は九喇嘛が抜かれることに抵抗していたが、ボルト・サスケ・五影により救出され、サスケとの抜群のコンビネーションで、モモシキと一進一退の激闘を繰り広げた。 撃破したかに見えたが、科学忍具の実用化のため実績を上げようと割り込んだカタスケの行動によりモモシキが復活。
外道の術で動きを封じられてしまうが、切り札としてサスケが連れてきたボルトの螺旋丸にチャクラを与えて超大玉化させ、モモシキに立ち向かう息子の背中を見送った。
全てを終えた後は無事に帰還し、息子ボルトとの仲も修復することができた。

 

 

◆連載終了後のインタビュー

http://woman.excite.co.jp/News/entertainment/20141204/Cinemacafe_27837.html

「woman excite」というニュースサイトにて作者の岸本斉史氏が連載終了を記念してインタビューに答えている。

そのインタビューでは、

  • 「僕としては、どうしてもナルトは特別なんですよ。自分自身を投影して、気持ちを乗せて描いてる部分も多いので。
    だから『なんでいつもカカシにばかり票が集まるんだ?』とちょっとシャクでしたね(笑)。」
  • 「『ペイン編』以降、重要なストーリー上の問題として、ナルトが敵を“自分と同じ人間”として捉えて、
    ただ殴って殺して決着をつけるのとは違うやり方を探すようになった。」
  • 「『分かり合える』と信じているナルトが単に相手を殺すことは出来ないので、
    そこで“穢土転生”という本来死んだはずの人間をゾンビのように復活させるというある種の荒行が出てきたんです。
    僕の中で穢土転生は『生き返る』のではなく、あくまで死んでいるキャラクターなんです

 

 

以上のように答えていた。

 

 

 

 


妖狐ありけり

その狐九つの尾あり

狐封印されし忍の童

これと長きに渡り寄り添いて

いつしか友となりにけり

新たな厄災
十尾復活せしが

忍の童
忍の者と成り

妖狐と忍の輩一丸となりて

これを封印せしめる

妖狐封印の忍の者

四代目火影の子にして

名を
七代目火影と申す―――

追記・修正よろしくだってばよ!

ソースはこちらから: アニヲタWiki(仮) – うずまきナルト

Facebookコメントプラグイン

コメントがこの投稿ページにあった…!

The Author

admin

Tinggalkan Balasan

Alamat surel Anda tidak akan dipublikasikan. Ruas yang wajib ditandai *

Anda dapat menggunakan tag dan atribut HTML: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Everything About Computer Programming © 2015 Frontier Theme